忍者ブログ

メゾソプラノ 堀万里絵 MARIE et MUSIQUE

ほりまりえのウェブサイト★うたのこと すきなこと 

今更リサイタル

大人になると時間の流れって早いんですね……
と言うのは言い訳ですが、リサイタルから1ヶ月…こんなにたってしまい大反省ですが、ちょっと振り返ってみようと思います。


今回はお花とお話をテーマにプログラムを作りました。

・すてきな春に
・早春譜
・おぼろづきよ
・からたちの花
・献呈
・リラの花咲く頃
・花占い
などのお花セクション。
今回のドレスが(チラシも含め)牡丹の花があしらわれたものでしたので、「牡丹」っていう曲を探したんです。
当日のMCでもお話しましたが、ぜーーんぜん見つからなくて。日本歌曲って花がテーマになっている曲はたくさんあるのに、その中で見つけられたのは橋本国彦さんの「牡丹」だけでした。
しかもいろんなところに問い合わせたけれど楽譜なし。
廃盤でした。

それで、音大の図書館の貯蔵があるとわかり、そこで曲と初めましてしたのでした。
そんなエピソードと、曲調からか、お客様のアンケートでは印象に残ったとのお声が多く、嬉しいかぎりです^^
また機会があれば歌いたいなぁ。



お話セクションでは、今回一番の大物ラヴェル「シェエラザード」全曲
以前オケの本番で歌わせていただいたこの大曲。
その時はその時で必死で良いものを作り上げたつもりですが、また月日が経つと「こうすればよかった、あぁすればよかった」と色々出てくるものですね。

歳もとったぶん、曲に対する考え方やテクニックの使い方も変わって来ました。
お客様には「なんだかすっごい難しそうでよくわかんない曲」って思われるかもしれませんが、いいんです。
とても素敵な作品なので、有名な耳障りの良い曲ばかりでなく、専門的要素の強いこんな曲も山形で演奏してみたかったんです。
でも、曲ごとにはさんだお話や、アジアテイストの強いピアノのメロディとか、私の表情とかでお客様それぞれが何か想像してくれていたら嬉しいです。

リサイタルのアンコールでいつも歌う「愛の讃歌」。
毎年、この曲になると、コンサートの時間が終わってしまうのを寂しく思います。
お客様の笑顔や涙や、たまに寝顔も……お客さまあっての演奏家は、やはり本番が楽しいのが一番!

子育てと引っ越しの中の準備はほーーーーーーーーーーんとに大変でした。(私にとってです)でも、どんなに大変でも、本番お客様に聞いていただけることが一番嬉しい、楽しい!

また次回もがんばります^^



4月は春休み。
のんびりしてます。

5月はMつどさんでの演奏、7月には久々にフランスバロックのライブです!
毎日を楽しみながら音楽することが今年度の目標!

それではまた♡




ほりまりえ
PR