忍者ブログ

メゾソプラノ 堀万里絵 MARIE et MUSIQUE

ほりまりえのウェブサイト★うたのこと すきなこと 

3.11を忘れない モーツァルトレクイエム

今年2つ目のモーツァルト『レクイエム』が終了しました。
たいへん大きなイベントの最後の最後のオーケストラ大コンサート。

それぞれの合唱団のステージ
モーツァルト『レクイエム』
ふるさとの四季
シベリウス『フィンランディア』
ベートーヴェン『第九』

と、盛りだくさんなプログラムでした。
出演者もですが、ご来場のお客樣方も音楽に満たされてお腹いっぱいになったことでしょう!

プログラム最後の第九では、大先輩のソリストさん方が演奏されました。
ステージ袖で、こっそりとお勉強させていただきました。


スデージはこんな感じだったそうです。
(主催の方より拝借しつれいします。)


内声パートは、和声のキーになる音を歌う事が多いので、ここぞ!という時に急にやる気を出します。
主題が移り変わっていく音楽も素敵なのです。
タクトを振るのは、マエストラ岸本祐有乃さん!
私は真剣なまなざしを横目でチラ見しながら歌います。



モツレクソリストさんたちと。
二期会の研修所からのおつきあい★バリトン古澤利人さん
キラキラで上品な歌声、声も中身も素敵なソプラノ飯島典子さん
とっても若い(びっくりした)爽やかボイス!期待のテノール佐藤圭さん

そして、なんだか顔が丸くなった気がするわたし、堀万里絵です。
今回は東日本大震災の鎮魂歌としての歌唱でしたので、シースルーのタートルネックを着用したのです。首までスッポリ黒だから、ほっぺが丸々と強調されているだけですよね。
……たぶん。

今回の企画に関わった皆様に、この場をかりてお礼申し上げます。
このような大きなイベントを毎年企画運営なさるのは、とても大変なことだと思います。
ですが、また来年もその先もずっと、この会が続いて行く事、みなさまが音楽で笑顔になれることを願っています。






ほりまりえ
PR